Chie Matsubara

山の中に入ったり、何度も市場に通ったり。大切にしているのは、徹底的な花選び。

得意なデザインは「辛口フェミニン」

花を仕事にした理由は、とにかく花が好きだから。子どもの頃、手の届かない藤棚の藤がブドウのように見えて、どうにかして取りたいと毎年狙っていたことが、花との最初の出会いです。好きな花は、スミレやパンジー。特にマリア ライラックシェードという、フリル咲きのシェードカラーのパンジーが大好きです。花は可愛らしいものに惹かれるのですが、作品はクールな印象にしたいので、モダン寄りのデザインに仕上げることを心がけています。

花選び、色選びにこだわっています

大切にしているのは、花選びを徹底すること。山の中に入っていったり、何度も市場に通ったり、鉢物を調べたり、その辺に生えている雑草まで、くまなく見て探します。色選びにもこだわっています。ジャパンカップ東京予選で徹底的に色にこだわった作品を完成させたとき、尊敬する先輩に初めて「いいね!」と言ってもらえたことが、忘れられない思い出です。3位に入り、自分の表現の方向性が定まりました。今後は意外な色の組み合わせなどにも積極的に挑戦してみたいと考えています。

あなたにとって花とは?

心うばわれるもの。

■プロフィール
松原 千恵 /Chie Matsubara
2004年入社
商品企画制作部 主任