Hayato Hirano

お客様に喜んでいただくことは大前提。昨日よりも今日、今日よりも明日、さらに美しい花を。

原点は、世田谷カップ優勝

両親が昔から庭でいろいろな花を育てていて、小さい頃から花が好きでした。名久井農業高校園芸科に進学すると、毎年ユー花園に就職する先輩がいて、僕も東京に行こう! と。そしてユー花園に入社し、実際に花を挿すうちに、その楽しさに惹かれ、どうせなら何でもできるようになりたいと、花祭壇やアレンジメント、大会の出品作品などに挑戦するようになりました。第1回世田谷カップのときに初めて本格的な作品を自分一人でつくり、優勝できたことが、現在の私の原点です。

自分への挑戦が、この仕事の魅力

普段は花祭壇をつくることが多いのですが、お客様に喜んでいただくことは大前提。昨日より今日、今日より明日、さらに美しい祭壇をつくるという「自分への挑戦」みたいなものが、この仕事の魅力です。これまでにAFFAのS級、FFA、フラワー装飾技能士1級、NFD1級などいろいろな資格を取りました。それが自信につながっていますし、資格があるからこそ、また後輩のためにも、常に完成度の高いものをつくらないといけないと思っています。

あなたにとって花とは?

「癒やし」です。花をアレンジしていると疲れを忘れて集中することができ、疲れがとれていくような気がします。

■プロフィール
平野 隼人 /Hayato Hirano
1996年入社
府中支社 業務部 課長代理